2018年3月~4月第4回農作業ボランティア

2018.4.21(土)
8:00~10:00

3~4月 第4回目の農作業ボランティアです。
本日は大根を植える畑の草抜きを行いました。


集合写真


<参加者>
山本将・杉山・不破・石黒・榊間(5名) 



★アースアズマザーさんが新たな畑で大根を作られることになりました。
畑の肥料として堆肥を施しましたがそこに雑草の種が混じっていて雑草を抜く作業が必要になりました。抜いた雑草は又、肥料として使用するとの事でした。(杉山)


作業前


草取り中


草取り中


作業完了


<参加者の感想>
★大小色々な草があり根っこを抜くのにひと苦労しました(不破)

★草取りをしながら植物や自然の知識を知ることが出来ました。(石黒)

★アースアズマザー村野さんのお話によりますと、前回キジの卵を見つけたので作業を途中でやめて保護しておきましたが、今回来てみたら卵は死んでいたそうです。人が近づくと親が警戒して卵の所に来れなくなり死んでしまったようです。自然の中で生きることの大変さを知りました。(榊間)


2018年3月~4月第3回農作業ボランティア

2018.4.14(土)
8:00~10:00

3~4月 第3回目の農作業ボランティアです。
本日は2班に分かれて大豆畑の溝堀りと畑の里芋植え付けや種まきを行いました。


集合写真


<参加者>
★谷口(正)・大北・石川・杉浦・漆橋(5名)¨ 大豆畑の溝堀り 
★谷口(の)・水野・山本(瑞)(3名)¨ 畑の里芋植え付け、種まき



<参加者の感想>
★第1班は大豆畑の溝堀りを行ないました。丁度良い天候で気持ちよく作業ができました。大きい石や草の根っこがあり大変でしたが時間内に終わらせることが出来て良かったです。(大北)

★畑も田んぼも周りの水の道(水の流れ)が大切だということが良く解りました。(石川)


溝堀り前


溝堀り中

溝堀り中


溝堀りが完了し水が流れました


<参加者の感想>
★第2班は畑の里芋植え付けや種まきを行いました。
里芋と枝豆を植えました。かぶの間引きを行いました。
畑で野菜を植えたことがあまりないので、植え方(種の数や間隔をどれくらい空けるか、水をあげるあげないなど)を教えてもらい、勉強になりました。久しぶりに外で体を動かし、楽しかったです(水野)

★役割分担を決めて作業したことによって、チームワーク良く効率的に作業が終わりました。コミュニケーションをとることの大切さを学びました。(谷口のり子)


2018年3月~4月第2回農作業ボランティア

2018.4.7(土)
8:00~10:00
3~4月 第2回目の農作業ボランティアです。

<参加者>
★安藤・野々山・岡田・中川(4名)¨ 溝堀り 
★南里・浅岡・チャン・三島・渡辺・長野(6名)¨ 稲の種まき、パレット土入れ



☆第1班☆

第1班は稲の苗を作るための種まきを行いました。


種まきをしています

撒いた種の上に土をかぶせています

平らにならしています


<参加者の感想>
稲の苗を作るための種まきをしました。工程がいくつかあったので、分担して交代しながら作業し、人数が多かったこともあり、思っていたよりスムーズに進みました。
田植えの時に使う苗の状態しか見たことがなかったので、こんな風に作っているんだと、知ることができて良い機会になりました。(渡辺)


☆第2班☆



<参加者の感想>
第2班は大豆の畑の溝堀りを行いました。
春に植えるとえんどう豆で夏の終わりだと大豆になり植える時期によって分かれるとの事です。
泥だらけになりながら一生懸命作業しました。収穫の時期が楽しみです。(中川)



2018年3月~4月第1回農作業ボランティア

2018.3.31(土)
8:00~10:00

3~4月 第1回目の農作業ボランティアです。



本日は2班に別れて作業しました。

社長と久間紀子さんは里芋の収穫と草抜き、もう一班の伊藤さん、山田さん、マークさん、クリスチャンさん、チュンさんは田んぼの水路溝堀りでした。


こちらが愛知の伝統野菜、八名丸

こちらが一般的な里芋石川早生

一列づつ八名丸、石川早生


<参加者の感想>その1
里芋の育て方や収穫方法を学びながら時間内に作業を終えることが出来ました。

里芋は土をたくさんかぶせ水分が必要、乾くとダメ
コメのとぎ汁や米ぬかが良いそうです。80センチ開けて埋める事

可愛いてんとう虫も発見!良いお天気の中、とても有意義な時間を過ごせました。(久間(紀))



<参加者の感想>その2
私たちは田んぼの水路溝堀りを7名で約80m行いました。
田んぼに水を供給するための水路を確保するという重要な作業で心を込めて行いました。(伊藤)



2017年10月第4回農作業ボランティア

2017.10.28(土)
8:00-10:00

10月第4回目の農作業ボランティアです。
本日は10名参加で1班は稲刈り、もう1班は畝作りを行いました。台風接近の雨模様の中での作業でしたが、限られた時間内で出来る限り進めました。


集合写真


<参加者>
安藤・山本・杉浦・南里・杉山・榊間・浅岡・山田・ジェイソン・マーク(10名)


かやねずみ


<参加者の感想>
★稲刈り★
当日は台風22号の影響で雨天でしたが予定どおり稲刈りを行いました。これまでにも何度か参加していましたが、今回初めて写真のような「かやねずみ」の巣を見つけました。無農薬の田んぼだからかやねずみ達も安心して巣作りをしているんだなと思いました(杉浦)


稲刈り1


稲刈り2


<参加者の感想>
当日は雨でしたがかっぱを着て稲刈りを行いました。
自然が相手なので雨であっても作業をおこなわなければならず仕事の厳しさの一端を学びました。
私たちは休憩も入れてたったの2時間でありましたが、アースアズマザーの方や農家の方々は1日中働きづめであることを考えると、改めて食べ物を大切にしなければ申し訳ないと思いました(杉山)


はざかけ1


はざかけ2


<参加者の感想>
★畑の畝作り★
小雨の中の作業となり、少し寒かったですが、体を動かすにはよかったと思います。
鍬を使って畝を作るのですが、これだけ苦労して野菜を作っているのだから感謝して食べなければと強く思いました(安藤)